STORY

Technologyの力で、
次のステージへ。

EdTech事業、
中学受験コベツバ。

2018年よりEdTech(教育×IT)の新規事業を企画し、経済産業省より事業認定を受け、資金調達を終えた上でスタートした「中学受験コベツバ」。

「子供を伸ばす」という目的に対して、集団と個別、それぞれが提供できるサービスは異なります。

集団に欠落している/欠落せざるを得ない部分(例えば、子ども達それぞれに合わせた「課題の抽出」「解決策の考案」「計画の立案」「計画実行のための動機づけ」「振り返り」等)が子供や保護者様に備わっていない場合、結局は子供が伸びることは難しいです。また、昨今の労働力不足の影響を受けて、各個別指導塾も人材の供給が追いつかず、個別指導塾の全体的なレベルが下がりつつあり、その中で高質のサービスであれば、値段が非常に高額になることも事実です。

でも、それらは全てサービスの供給側、つまり「塾の側」の事情です。そして、顧客である子供達やその保護者様にはそれぞれの個性と事情があり、関係のない話です。

だからこそ、泣いている、あるいは涙をこらえている親子にとって、本当に必要とされ、利用してもらえる場所やサービスが存在すべきだ。これ以上、泣いて諦める子供たち、保護者たちをそのままにしておくべきではない。

そういう想いから、「中学受験コベツバ」の運営をスタートしました。

私たちは教育に次の革命を起こす。

「人間が自分の可能性を信じ、自らのSTORYを歩む一歩」を踏み出せるような、 そういう勇気を与えられる教育を『社会実装』していきます。「見た目やキャッチコピーは派手だが誰も使わないサービス」「圧倒的な価値を出すけれど社会全体に広がらないサービス」では意味がない。逆に「儲かるが、顧客提供価値が今の教育となんら変わりないサービス」でも意味がない。

『社会実装』に到るには、 
◯教育現場での経験・顧客理解を元に、圧倒的に顧客に支持される 
◯ITの力と人間の力を合わせて、社会全体にスケールする

この2つを満たすサービスが必要であり、それを実現できる位置に最も近いのは我々であると考えています。

現在は、SAPIXに通う子ども達とその保護者様だけを対象としておりますが、いずれは他の集団塾に対応したサービスも提供していく予定です。


「ローンチが待ち遠しい。」

今後の具体的な学習方法や志望校について丁寧なアドバイスを
いただきまして本当に感謝しております。
 
村中様のお話を聞け希望が持てるようになりました。
 
今後は村中様のアドバイス基に娘の学力向上に向け、努力をしていきたいと思います。
 
コベツバの動画配信をとても楽しみにしております!算数の類題を探すのは素人には大変な作業ですので、すごく良いサービスだと思います。
 
さらに教育のプロに相談ができるとなれば、私なら絶対に使います。ローンチが待ち遠しいです。


「偏差値60。過去最高でした。」

娘は1月の組分けテストで算数偏差値が44.6だったのですが、60を超えることができ、今まで見たこともない偏差値を出すことができました。
 
村中先生の解説は本当に分かりやすいようで、子供が言うには、サピの先生はまどろっこしいやり方で教えていると言っています。
 
特に、ポイント解説や類題をご用意いただいているのが、理解をより深めることにつながっているのだと思います。算数が全く分からない親としては、類題を探すことが困難ですので、本当にありがたいです。
 
この成績UPはコベツバさんのおかげとしか思えません。本当に感謝しております。ありがとうございます。

これからも継続して努力する必要がありますが「やればできるのかも!」と希望を持てましたので、娘もきっと頑張ってくれると思います。

これからもどうぞ宜しくお願いいたします。


「分析結果に嬉し涙を浮かべていました。」

動画配信は、我が家のような親が教えられない家庭には願っても無いサービスですので、是非利用したいと思います。
 
とりあえず今日頂いた分析結果を息子にしたら、嬉し涙を浮かべて、普段は手を付けないプライマリーサピックスの勉強を始めていました。


「わかりやすい!」「簡単だった!」

娘の友達に見せたところ、「分かるところは飛ばして、わからなかったところはチェックできる。解説も分かりやすい」と話していたようです。
 
うちの娘は「そうか簡単だった!」と。理解しやすいようです。


「先生と同じスピードで計算できる!」

YouTubeの解説拝見させていただきました。

わかりやすい解説で息子は、この先生と同じくらいのスピードで計算できる!と喜んでいました。

私は、このスピードで子供は理解しきれるのかな?と思っていたのですが大丈夫でした。


「分析結果に嬉し涙を浮かべていました。」

子どもは、第三者に褒めてもらえたことが嬉しかったようで、分析結果を見た後、少し泣いてました。
 
それ以降、動画を見ながら勉強してます。


「なんか、すごかった!」

子供の第一声としては、「なんか、すごかった!」でした。先生のお話に魅了されたようです。お顔を見てみたいとのことだったので、この方だよと話し、あの動画の先生だよと教えました。
 
志望校に関しても、今後もし伸びることがあれば、そのときに話し合えばいいのかなと思いました。最初から絞りきらずに、選べる学力を身につける努力をさせたいと思います。
 
今回、先生との機会に恵まれたおかげで、親子共々新しい道標ができました。
 
いつまで続くかわかりませんが、先ほど社会の一問一答を10分ほどですがやっていました。


「やる気が湧いてきた。」「これから頑張りたい。」

お世話になっております。
この度は詳細なテスト分析をお送りいただき、ありがとうございます。

息子のできないところばかりに目が行き、悲観的になっていため、
今後伸びる可能性がある点を具体的に示してくださったことが大変ありがたく、参考になりました。

何より、息子自身が分析結果を読み、「やる気が湧いてきた。」
「これから頑張りたい。」と口にしており、驚きました。
 
村中様の温かいコメントに親子共々非常に勇気付けられました。


「初めて、偏差値60を超えた。」

新5年復習テスト結果が出ました。
算数の前回組み分け偏差値51が今回60.1に上がりました。
 
半年間一度も60越えなかったので、良かったです。ありがとうございました。
 
まだまだ課題はありますが、算数嫌いになりそうだったところ、村中先生の動画授業により面白くなってきたようです。
 
まず気持ちが前向きになったことに、お礼申し上げます。


「これで、プロ家庭教師は必要ないかも。」

息子の中学受験までどうしてもフォローが足りないと思い、サピックスの傍ら家庭教師にもお世話になってきました。
 
しかし、今回のように分析してもらったことなど一度もありませんでした。村中先生がブログでも書いておられるような戦略や方針、合格へのロードマップを描いてくださる存在に出会えたことがありません。
 
膨大なテキストのどれを取捨選択するか、息子が解くべき問題はどれか、具体的に示してもらったこともありません。組み分けテストの対策なども、息子の場合はどの分野が弱いのかの洗い出しや、その対策なども教えてもらえたことがないのです。
 
これまで家庭教師からしてもらったことは、サピックスの質問教室では間に合わないわからない問題の解説をしてもらうこと、だけです。それならコベツバの解説動画を見れば足りますし、プロの家庭教師でなくても良いと思いました。


「一番上のクラスに上がることができた。」

今回は問題を簡単に感じ、見直しもできたそうです。考え方の書き込みもあり、村中先生のご指導の効果が表れてきたのだと思います。
 
授業点もよく、一番上のクラスに上がれたこともありました。
 
おかげさまで、努力すれば成果がでることを実感し、やる気に満ちております。


「苦手だった算数も”大丈夫”と思えた。」

4科目偏差値が57.9と8ポイント上がり、志望校を目指す希望が持てました。
 
苦手だった算数で、コベツバがあるから大丈夫と本人保護者とも心の拠り所ができました。精神的に支えていただけたことも結果に表れたのだと思います。
 
志望校に合格した際には、村中先生への感謝を込めてコベツバさんの宣伝にも協力できればと息子と話しております。
 
これからもコベツバさんを支えに受験勉強邁進していく覚悟です。
引き続きお支えいただきますようお願い申し上げます。


「スピードと丁寧さが想像以上。」

大変迅速なご対応、誠にありがとうございます。解説の動画に加え、分析の結果までこのタイミングで頂けて本当に感動と感謝でいっぱいです。ありがとうございました。
 
一つ一つ丁寧で分かりやすい分析で、驚くばかりです。想像以上でした。


「分析結果から、希望を抱くことができた。」

この度は早々にテスト分析をしていただきありがとうございました。
 
一昨日連絡を差し上げたばかりで、ここまで早急に丁寧に対応してくださるとは、コベツバの皆様の熱意と誠意を改めて感じております。

あんなに頑張ったのに…
地頭が悪いのか
やり方が悪いのか
巻き返すなんて所詮無理なのか
 
悪いことしか浮かばない中、村中先生の分析を涙しながら拝見いたしました。
 
ミスでも解法は合っている
志望校を変更せずに学習を
先生のお言葉一つひとつから希望が見えてきました。
 
親の動揺はよそに、本人は弱音を吐かず村中先生の動画を見ながら黙々とテストの間違いを直しておりました。


「コベツバは、我が家のお守り。」

娘が今回のマンスリーは頼みの算数が非常に悪く、過去最低点を打ち出してしまいました。
 
ですが先生の記事を読み、これは大量に習得する過程の1つなんだと前向きに受け取り、引き続き注意深く経過を見守っていきたいと希望を持つことができました。
 
先生の記事は、とても参考になるものが多く、1対1でお会いしたわけでは無いのですが、我が家にとってお守り、なくてはならないにものになっております。