ERIKA NINOMIYA

インターンに1回生から
コミットするという選択肢。

二之宮 えりか 関西学院大2回生

ー最初に簡単に自己紹介をお願いします。

二之宮えりかです。関西学院大学総合政策学部の2回生で、STORYでは高3の終わりから活動しています。STORYでは、当初は採用の活動をしつつ生徒を持ち始め、今は採用から外れて生徒を2人担当しています。

ーかなり早い段階でのジョイン。どういった経緯だったのでしょうか?

そもそものきっかけは、スカウトのメールをいただいてですね。私は中学校から大学へのエスカレーター式の学校にいたので、入学前から大学ってどんな感じかというのをある程度知ってたんですよ。先輩の多くが大学に行ってからサークルなどでなんとなく過ごしてる実情を知っていて、「なんか全然面白くなさそうやなあ」と思ってたんですよ。私は「何かに全力コミットしたい」という想いがあって、なんとなく過ごすような学生生活は嫌だと。そこでSTORYからメールを貰って、ここならサークルとか普通の学生団体とは違うかもと感じて面接に行ったという感じですね。

ー実際に面接してみてどうでしたか?

正直、最初に話を聞いただけでは「やりたい」とまではならなかったんです。大学の部活に全力でコミットするという選択肢もあったので。ただ、3度の面談を重ねる中で、「あ、インターンシップなら、私の体力や熱量だけでなく、もっと深いレベルで自分を鍛えられるかも」という想いが芽生えてきて、STORYに興味を持ち始めました。最終的に決め手になったのは、面談で、2人のインターン生と、経営陣の中須さんと会ったんですが、その人たちが本気で私に向き合ってくれているというのが伝わってきて。こういう人たちの組織なら自分も頑張りたいなと思えたのが、直接の動機になりました。

ーそもそも「何かに本気でコミットしたい」という想いは、どこからきていたのでしょうか?

私の高校時代の経験からです。私は高校1年からバレー部に所属してたんですが、そこがかなりガチな部活で。ポジション争いのために、自分でめっちゃ練習してたんですよ。筋トレだったり、自主的な朝練だったり。結果、先輩を抜かしてレギュラーになれたんですね。ところがそれをきっかけに部活で内部分解が起きちゃって、部活のメンバーがバラバラになってしまったんですよ。それで自分は「もうええや」ってなって部活を辞めちゃいました。今考えると、この選択をしちゃった自分はめっちゃ子供だったんですが。

部活を辞めてちゃってからは、特にすることもなく、高2・高3で何にもコミットできず、その時期が自分にとってはめっちゃしんどかったんですね。高1のとき全力で事柄に向かっていた自分とのギャップが大きくて、しんどさを感じていました。

ーそこからSTORYに入社して、今で1年半ぐらい。振り返ってどうですか?

正直めっちゃしんどかったです(笑)。ただ、濃くて、すごく幸せだったなあとも思います。

みんなが現状に満足せず、常に上を目指して泥臭くやっているので、その中で自分もやれているというのが幸せですね。あとは、学年が違うからとか、男女の違いとかがなく、一緒に仕事できているのも楽しいですね。

ただもちろん、しんどかったことは沢山あって。特に最近はちょうどしんどい時期を過ごしていました。1年間ずっとやってきているのに、生徒を変えることができていないなあという実感があって、それがすごくしんどかったですね。

支えになったのは、今のマネージャーであるみやじゅんさんですね。自分が生徒に変化をもたらすことができていない中、みやじゅんさんはそれでも自分に期待してくれて、「まだまだやれるよ」と言葉をかけ続けてくれてたのが、大きかったです。上手くいかないことに対してネガティブになってもしょうがないかと思えるようになりました。

ーSTORYに入って、何か変化はありましたか?

もともと自分の行動の源泉には、「どうやって他人に頼らず、1人で生きていけるか。そのための能力はどうやってつけられるか。」という想いがあったんですね。自分は原体験から、「人って最終的には頼れるものではない」という価値観を持っていて。家庭にやや難があって、「人って家族であろうと信頼できるものじゃないんだな」と感じるような出来事があったり。女性の交友関係に身を置く中で、友人の裏切りなどを経験したり。社会はこんな感じで回っていると思ったし、生きていくためには自分に力をつけないとダメだと感じていた。

ただ、STORYで活動している中で、1人でやれることには限界があるのを痛感したのと同時に、周りと一緒に生きていることって良いことかもしれないって、最近思えるようになってきました。自分がもがいているなかで、他者が自分に期待をかけ続けてくれていたことが大きくて、自分も人に対してそうあれるように、力を付けたいと思うようになりました。

二之宮 えりか

ERIKA NINOMIYA

関西学院大学2回生
 

にのと呼ばれています。高校の卒業と同時にSTORYに入社しました。プライベートでは、最近、生活習慣の改善に興味を持ち始めました!仕事と生活と人、これら全てを大事に出来る人間を目指し続けます。

メンバー一覧へ

STORYは、一緒に働く仲間を募集しています。

興味のある方は、FacebookでSTORYにメッセージをください。

STORYのFacebookページをみる